FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

Dalai Lama 

Picture+004_convert_20110226222138.jpg
街角でmomo(日本の餃子のようなもの、美味!)を買う僧侶

マクロードガンジでのわずか10日間の滞在は終了を迎え、明日デリーへ旅立つ。
一番短い滞在に関わらず、私はここをとても愛している。
インドの中で一番。
街全体に流れる優しい空気。
ここで日本人を見かけることはなかったが、その代わり商店やレストランで仲良くなったチベット人、数知れず。

Picture+003_convert_20110226222012.jpg
山の天気は変わりやすい。
雪山の背景が美しい青空となる短い時間、ここぞとばかりに犬たちが日向ぼっこ。
微笑ましい風景がたくさん。
ここでは犬たちもとても穏やか。
心なしか、インド人達までもがサンキューの精神を持つ。

Picture+002_convert_20110226221059.jpg
Thangkaの先生がくれたカタ。
よく見ると、美しい模様が入っている。

先生は神棚にブッタとDalai Lamaの写真を飾っており、毎朝欠かさずお祈りをしていた。
どの商店やレストランにも、どの家庭にもこのような神棚がある。
神様やDalai Lamaについて語るのは至極普通。
チベット人の生活には普通に仏教があるのだ。


先生はよく、神様を思いながら描くようにと言っていた。
Thangkaは神様に捧げるもの。
名を語るのはほんのわずかな職人。
通常、作者の名は画上にはない。

ご存知のように、砂で画く美しき曼荼羅は完成とともに全て払われる。
ものの無常を悟る瞬間だ。

Picture+001_convert_20110226221359.jpg
3月5日のチベット新年を目前に、私はここを発つことを決めた。
Dalai Lamaの姿をひと目見たかった。

中国軍のチベット仏教迫害。
すでに長い歴史を持ち、それは今でも続いている現実。
先生のお祖母さんもヒマラヤを越え、はるばる逃げてきた。
街の至る所に「Tibet will be Free!」「Free Tibet!」の文字。
Dalai Lamaは暴力を使った抵抗を決してしない。
でもいつか、きっとチベット人がチベットで平穏に暮らす日が来る。


「A Precious Human Life」

"Every day,think as you wake up.
Today I am fortunate
to have woken up.
I am alive,
I have a precious human life.
I am not going to waste it.
I am going to use
all my energies to develop myself,
to expand my heart out to others,
to achieve enlightenment for
the benefit of all beings.
I am going to have
kind thoughts towards others.
I am not going to get angry,
or think badly about others.
I am going to benefit others
as much as I can."

His Holiness The XIVth Dalai Lama




スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。