FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

朝陽 

IMG_1970_convert_20110424210550.jpg
ここ数日、心地良いうねりに癒されている。
海水はまだヒンヤリとしていてウエットから出ている肌をハッとさせる冷たさ。
それでも季節はいつのまに夏に向かっていて、フルスーツの内側がじわじわと汗ばむのを感じる日は近い。

IMG_1924_convert_20110424210149.jpg
この土地特有の大きくて日差しの強い太陽。
昇るにつれ、うねりが見えなくなるほど海面が明るくなる。
毎日毎日、日が昇るのを目を細めて眺めているというのに、刻々と変わる大自然の表情に毎回感嘆させられている。

IMG_1920_convert_20110424210039.jpg
前にも一度書いたのだけど、雲のある空はいい。
雲は太陽と駆け引きして、空に素晴らしい陰影と彩りを創り出す。

IMG_1921_convert_20110424210257.jpg
おまけ。
このおちゃめなおじさんカントリーのラウンドハウスは最高。

IMG_1927_convert_20110424210429.jpg
長期にわたる避難所生活で、心身が限界までの過酷な状況に置かれている東北の被災者の方々。
海を見るのも思い出すのさえも恐ろしいと聞く。

毎日ニュースやネット上での画像、専門家の意見や世論、たくさんの人が語る多くの問題を知るたびに何が正しいのか何を信じたらいいのか分からなくなる。
きっと面を向い合わせて粘り強く話せば分かりあえるであろう人間が、たくさんの体裁や誤解や嘘の絡み合った糸にがんじがらめになっていく。
でも被災者の方々にとって、喪失感を抱え明日が見えない信じられない生活も、誰かをどうしても責めなければならない葛藤も、大自然の脅威を恐怖と共に感じる日々も確かな現実。


毎日朝陽を浴びながら、この自然に恐怖する人々の思いを知る。
そして今こうして平和に日常を送れる幸せに、感謝せずにはいられない。