FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

学ぶ 

PA140508_convert_20111026164443.jpg
ごぶさたの更新。
素晴らしい秋晴れの日々。

IMG_0008_convert_20111026164741.jpg
大切な日を一週間後に控え、実に十数年ぶりにお江戸へ旅。
人の多さに疲れ果て、初日は何もできずにぐったり眠る。
インドのデリーでの件をちらり連想。


田舎大好きの私が遠くここまで来たのは、ある資格を取るため。
この資格は、私のライフワークになるものの一つ。

時期が時期なだけにかなり迷ったが、どうしても優秀な先生の手ほどきを受けたかった。
愛するベビー達とお母ちゃんになる人たちのために。

IMG_0002_convert_20111026164610.jpg
講習会場。
毎日8時間、みっちりと充実した日々。

受講生はほぼ関東圏内の方ばかりであったが、その女性たちの力強さにとにかくびっくり。
自分の考えをしっかり述べ、将来のビジョンを明確に持ち、自分の仕事や家庭を愛し、さらにそれを向上する意欲を持つ。
それでいて女性の魅力ある素敵な人ばかり。

正直、都会の人は冷たいイメージを持っていたのだが(どんだけ田舎者?)、みんな温かく寛大であることに心から感嘆し感謝をした。
普段のんびりとした生活に甘んじていた私にはかな~りいい刺激。


IMG_0006_convert_20111026164649.jpg
師匠のアナ先生と通訳の香先生。
人間的にも尊敬できる素晴らしいお二人。
アナ先生は、自身の長年にわたる講師経験を伝授するために、震災後もはるばるオーストラリアから来日。
オーストラリアはイギリスと共にマタニティ先進国である。

受講内容はとにかくとにかく眼からウロコ。
すごい、の一言。
こんなに楽しく知識を詰め込んだのはいつぶりだろう。

IMG_0012_convert_20111026164947.jpg
帰宅翌日の海。
この美しい朝焼けを前に、わずか5日間だったのに「ああ、帰ってきたなあ」と改めて実感。

ぎゅうぎゅう詰めの満員電車。
何かに追われるように足早に歩くたくさんの人の群れ。
十数年前に滞在したときは、この街で一人、まるで自分だけ存在していないような孤独に打ちのめされた。

やっぱり人は皆温かい。
都会でそんな気持ちを持てた今回の小さな旅。
全ては心の在り様なのだな、とぼんやり歳を重ねたことを感じる。


PA120497_convert_20111026164301.jpg
私の絵のためにUGが忙しい仕事の合間をぬって、流木を拾い額を作ってくれました。
自然いっぱい感じられる仕上がり。
ありがとう。


PA100456_convert_20111026164043.jpg


大切な日に、たくさんの人達に私達の感謝を伝えられたらいいな。






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。