FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

太陽を求める 

P5270528_convert_20120628105310.jpg
梅雨前線が停滞し、雨雲が厚く暗~い空。
寒気さえ感じる数週間。
豪雨、土砂降りの日々が続いた。

「恵みの雨」と言えども、ちょっと恵み過ぎ。
毎年こんなんやったっけ?
去年は空梅雨だったような・・・。

しようがないとはいえ、心じりじりと写真のような青い空と輝かしい朝陽を切望。

P6180592_convert_20120628125224.jpg
波は低気圧の影響で、梅雨時期にしてはあるのはあるのだが、波質はやはり梅雨の波。
↑力がない、だらだら。
でも乗れる波があるだけで有難い。


P6270614_convert_20120628123549.jpg
そんな土砂降りの昨日、近くのデイケアサービスの施設に。
介護士の波乗り仲間に声をかけてもらい、ボランティアヨガに。

シニアヨガは初めての試み。
色々調べて、話す内容や行うポーズの順番など考えたのだが、当然始めてみればそんなものは全てぶっ飛ぶ。
話もポーズも、ヨガをまるで知らない年配の方に一回で伝える方が無理というもの。

わずか40分くらいではあったが、自身の能力の不甲斐なさにがっかりとして帰宅。
そして次回はもっと皆さんが気持ち良いと言ってもらえるようにしたい、と張り切る。

普段一人で仕事をしていると、当然慣れが生じる。
自分のやる仕事を客観的に見れなくなるのは、私にとって怖いこと。

(大したことはないが)このような困難にぶつかるのは、自分の思い上がりに気付き、考え、そして達成すれば成長の喜びを感じられる素晴らしい経験となる。

介護士の黒木くん、今回このような話を持ってきてくれてありがとう。
ぜひこりずにまた呼んでね!!


P6220611_convert_20120628110344.jpg
ところで、家の工程はゆっくり進んでいます!

写真は豪雨と土砂降りの間、わずか一日の晴れ間。
実は雨で進まないことがあり・・・。

わしゃ~もう、カビが生えないか木が腐らないか心配で~~~(誰?)。
かろうじて台風の強風を避けられたのがありがたい。

P6130579_convert_20120628105556.jpg
窓を入れ、屋根がのせられ

P6220606_convert_20120628110241.jpg
壁の支えができ

写真はないが、今日行くと電気配線が終わっていた。

P6200598_convert_20120628105722.jpg
棟梁の寺西さん

P6200599_convert_20120628105824.jpg
同じく棟梁の前田さん

土砂降りの中、毎日通ってきてコツコツ作業されるお二人には、感謝感激です。
その素晴らしい仕事ぶりに男を感じます!。

ごくろうさまです。

P6200605_convert_20120628105936.jpg
現場の水溜りで水分を求めていた蝶。
心がほっこり和みました。


P5270529_convert_20120628105404.jpg
昨日の豪雨とはうって変って、晴天とは言い難いがわずかに晴れ間も見える今日。

今年の梅雨は本当に長く感じる。
そして、雨がいつもよりひどく感じるのは、きっと家を建てているという気持ちから。
人の気持ちというのは、勝手なものだなあ。
どうにもならんのは分かっているのに。

それでも太陽を求めるサーファーの私。


もうそろそろ梅雨明けかな?






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。