FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

色彩と家 

P8111161_convert_20120817134127.jpg
いつぞやの夕刻。

ここは自宅からほど近いホームポイント(自転車で5分)。
波も小さく流れもほぼない綺麗なビーチなので、じりじり暑い日差しの日は気持ち良い水を求める海水浴客でいっぱいになる。

初心者にも優しい波。
空気がとてもメローなので、波に乗ることに執着せずただ海に漂いたい時は最高な場所。

陽が沈む直前の、こんな遅い時間にあえて入る。

P8111167_convert_20120817142108.jpg
今にも沈もうとしている太陽に照らされる入道雲。

P8111168_convert_20120817134401.jpg
穏やかで優しい夕暮れ。



P8151267_convert_20120817143425.jpg
家は着々と進んでいます!

P8091148_convert_20120817143101.jpg
出来上がるまではカバーで保護している床をチラっと拝見。
写真は無垢のウォールナット。

P8151266_convert_20120817143329.jpg
チラ見の理由は、中に足場が組まれ、塗装屋さんと左官屋さんが入り出したから。
塗装が必要な部分に、床材と合う色を選択。

色にしても物にしても私達はあまり迷いがなく、あっさりと決まってしまうので時々コーディネーターの村井さんや管理の矢野さんにびっくりされる。

ちなみに設計士さんやデザイナーさんはおらず、社長の佐藤さんと村井さんと私達で設計も材料も練り上げた。

ほぼ感性と感覚で決めているのだけど、もしどっか失敗したとしてもこの家は自分たちのもの。
正直、来てくれる招待客の満足と快適さを必死に考えた結婚披露宴の方がよっぽど苦しんだ。

もちろん家の建築に携わってくれている全ての方々を、とても信頼している私達。

P8151265_convert_20120817143233.jpg
古材と合わせて塗ってもらった天井の梁と、ガラスの枠の色に合わせて塗ってもらった窓枠の木。


P8121171_convert_20120817142624.jpg
数日前の夕焼け。

この日はいつもコメントをくれるmaiちゃんと、気持ち良く波乗り。
帰り途、優しい気持ちでシャッターを押した。

P8121178_convert_20120817142414.jpg
日差しが落ち着く時間の波乗りでクールダウンした身体。
少しだけ疲れを感じる身体に気持ち良いそよ風。

そして目の前に広がるこの美しい色彩。

こんな一日の終わり、本当に最高。