FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

混沌 

IMG_1024[1]_convert_20110115163038
近くのバス通り。

IMG_1025[1]_convert_20110115163559
パパイヤがとろけるほど美味く、なおかつ安い(フットボール大で30円くらい?)。

IMG_1014[1]_convert_20110115163350
トラックのペインティング。
色使いといい、かなり私好みである。
トラックが通るたびに、つい2度見。

通りにはたくさんの人種(瞑想のアシュラムが建ち並ぶため)が溢れる。
道端では(どこが道の境かイマイチ分からんが)犬、牛、僧侶、物乞いが共に川の字になって寝ている。
最初は牛糞が気になり足元に目が行くが、毎日往復していると「あ、踏んだ」程度の反応になっている自分に驚く。
車、リクシャー、4人乗りバイクなどがクラクションを絶えず鳴らしながら埃を巻き上げ、突っ込んでくる。
意外と事故はないという事実。
叫びに近い会話をしながら、道をただほっつき歩き外国人に絡み、笑い合うインド人、インド人、インド人。
部屋で寝ていても、朝5時からどこかしらでインド音楽が鳴り止まず、誰かが怒鳴る声がする。

私は元来静かで何もない環境が好きなのだが、こう混沌とし過ぎると苦手の域を超越。

IMG_1018[1]_convert_20110115163927

それにしても毎日晴天である。
毎日昇っては沈む太陽の素晴らしさは格別。
色がより濃い。
南国の熟れた果物を連想させる。
これもすべてが濃厚なインドのなせる業か。

近所を歩きながら夕日を眺め、気分よく浸っているとヤギを追いながらじわじわ近づいてきて
「この時計ちょうだいよ」
とおもむろに私のG-SHOCKを引っ張る子供。
はたまたこれもインドか。

スポンサーサイト



この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://namimatsu.blog112.fc2.com/tb.php/13-cec2e890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)