FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ストロベリーフィールド 

P9160647_convert_20130916160754.jpg
昨日、9月15日は友の命日。
まだ空に太陽の光がほんの少しも届かない時間から起きていた。
友が愛する朝一の海に花を届けたくて。

人工物の音が全く聞こえない中に、ごうごう枝を振り回し唸る木々の音。
指揮者は嵐。
大自然の大合唱。

嵐の海に近づけないよ、と友の写真に話しかける。
「無理しちゃだめですよ、うめさん。」
といつもの気遣いが聞こえる。

ごめんね。崇くん。


一晩明けた朝陽はとてもとても美しかった。

P9160654_convert_20130916161044.jpg
友が愛した花、ストロベリーフィールド。


大きなうねりが瞬く間に引きよせ、友のいる沖へ。
可愛らしい苺のような桃色の花弁が、方々に散りながら寄せては返すのをただ静かにみつめる。

頬に当たる朱色の光が徐々に強みを増し、冷えた身体を温め始めるのが感じられる。


生きていれば誰しも辛いことはたくさんある。
でもその苦しみの最中に、あるがまま、全てを心から受け入れてくれる友はそういない。

今でも、緑のハイエースを見るとハッとする。
笑顔で手を振っているかもしれないと。

まだ描きだしの絵の、一番のファンでいてくれた。

残してくれた言葉の数々。

私が人生を変える勇気がなく迷っているときに、思い出したくはないであろう過去を震えながらポツリポツリ、絞り出すように話してくれた、あのときのあの表情。


P9160656_convert_20130916161132.jpg
私の人生と心を大きく優しい力で変えた友、崇くん。
ありがとうありがとうありがとう。
私は貴方が愛した海の側で、幸せに生きているよ。


美しい朝陽を浴びながら
今、どこで波を待っているの?






スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://namimatsu.blog112.fc2.com/tb.php/158-8744a832
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。