FC2ブログ

波を描く

旅と絵と波乗りのこと

ヒマラヤ 

Picture+001_convert_20110220233531.jpg
ヒマラヤの麓、ダラムサラのマクロードガンジ。
無事に着いています。
ホテルの部屋から見える、素晴しい景色。
この景色に一目惚れで部屋を決めたのだが、窓が大きく非常に寒い。
寒い日本から逃げてきたのに、寒さで夜中に何回も目が覚める始末。
リシケシで落ち合った友達に、寒さ対策に(ユニ○ロの)フリースとタートルを買ってきてもらったのだが、全然足りない。
トレッキング用のナイロンのジャケットの下に、4枚重ね着してパンツ・靴下は2枚重ねで手袋帽子でガタガタ震えている。
夜はキングサイズの毛布を3枚重ねて、さらにウールのショールを巻いて寝る。
なぜにインドには暖房器具がないのだ?

Picture+003_convert_20110220234445.jpg
街には写真のようなチベット人が溢れている。
ここは日本か?と思うような懐かしい顔がたくさん。
インド人より多い。
レストランや商店のオーナーは、商売上手なインド系で占めているが。

Picture+004_convert_20110220235040.jpg
そして街のいたるところに、チベタン僧侶の姿。
お寺で経をあげる僧侶
ショッピングを楽しむ僧侶
街角で携帯電話で友達と談話する僧侶
カフェで一般人と一緒にカプチーノを嗜む僧侶
ネットカフェで電車の予約をする僧侶
証拠写真を撮りたかったのだが、相手が僧侶だけにさすがの私も躊躇。

ここは僧侶が普通に暮らす街。
きれいなダークレッドカラーが街のいたるところに溶け込んでいる。
皆一様に穏やかで幸せそうな顔。
聞いていたとおり、チベット人はとても穏やかで優しい。
写真のように、女性の僧侶もかなり多い。
そして、ここはかのダライ・ラマが住む街。
今はあいにくデリーにいるようだが、街のあちこちに写真が掲げられ人々は口々に名を出す。

到着そうそうにタンカアーティストを探し出して、毎日一日中チベタンタンカを学んでいます。
この報告はまた。


スポンサーサイト



この記事に対するコメント

姉へ

言い忘れてたけど、大くんの結婚式が5月にあるよ。
ばーちゃんとすずのは春休みに北海道に行くんだって。
その間、さとるは検査入院です。 
こっちはだいぶ暖かいよ。また、体調壊さないようにね。

妹 #4aQj6lA. | URL | 2011/02/23 14:22 * edit *

妹へ

大ちゃん、覚悟を決めたか!
押しに負けた?(笑)
北海道?私は今、寒いとこはノーサンキューです。
さとるにはたくさんご褒美あげないとね。
ありがとう、また情報くれい。

名無しさん #- | URL | 2011/02/24 21:18 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://namimatsu.blog112.fc2.com/tb.php/23-bdfaebed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)